接骨・整骨


整骨と接骨というのは、名前が違うだけで内容はほぼ変わりません。

院を営むためには、まず資格として、国家資格の「柔道整復師」をもってい ることが必要です。
整骨・接骨とはいわゆる「ほねつぎ」のことをいいます。何をするかというと、

  • 骨折(骨が折れた場合、ヒビが入った場合も含みます)
  • 脱臼(関節がはずれた場合)
  • 打撲(打ち身)
  • ねんざ(関節部分でスジ違いを起こした場合)
  • 挫傷(筋肉がスジ違いを起こした場合)
  • 肉離れ、筋肉損傷

などを物理療法(干渉波、赤外線、超音波などの治療器)と 手技を併用して治療していきます。

Copyright© 2018 明石市大久保町の大久保整骨院 All Rights Reserved.|ログイン
Top