Archive for the ‘ブログ’ Category

ランナー膝

2016-09-27

O脚や発育期で腸脛靭帯が緊張していたり、大腿骨外側上顆が突出している人では、長距離走におけいる膝の屈伸で、同靭帯が大腿外側上顆と摩擦を起こす。この部分の運動痛や圧痛をきたしたのが腸脛靭帯炎(ランナー膝)である。

ランナー膝は、基本的には、膝の過使用(走り過ぎ)が原因で起こると言われています。

原因

①下肢アライメント異常(0脚、足部の回内など)

②ウォーミングアップ不足

③筋肉の柔軟性の低下

④ランニングシューズの変更(適切ではないシューズ選択)

⑤傾斜のある場所を走りすぎ(側溝の傾斜も注意)

⑥急激な走行距離の増加(練習メニューの増加)

多くの方が走行中に足部の回内が認めらる為、当院では、治療にプラスして必要な筋力強化、ストレッチを指導し、次に痛みが起こらない体を作っていきます。

足関節捻挫

2016-08-30

足関節の内がえしが強制されて外側靭帯が損傷されるものが多く

スポーツ外傷のなかで最も発生頻度が高い。

前距腓靭帯・前距腓靭帯+踵腓靭帯・前脛腓靭帯の順に損傷が多い。

自発痛、運動痛、圧痛、強制位痛があり、損傷部位を中心に腫脹が生じ、

重症例では皮下出血がみられる。靭帯の完全断裂では足関節の不安定性を認める。

受傷時の応急処置(RICE処置)が重要である。

簡単な固定で、早期に運動を開始すると関節の不安定性を生じ、スポーツ活動に支障をきたすようになることがある。

当院では、初期に患部の冷却、患部の腫脹を逃がす固定を行い、その後、症状に合わせた固定、痛みが消失してからのバランス訓練、筋力強化を行います。

腰椎椎間板ヘルニア

2016-08-16

腰椎椎間板ヘルニアとは、脱出した椎間板組織が神経根を圧迫して腰・下肢痛を引き起こす病態をいう。

加齢に伴う椎間板の退行変性で生じたり、重量物挙上やスポーツなどで発生する。

腰痛と片側の下肢痛が主訴であり、運動や労働によって増悪し、安静で軽快する傾向がある。

症状が急激に生じる場合と慢性暖徐の場合がある。

症状の多くは、反復性の腰痛があったところに急性発作として激しい腰痛と下肢痛が生じる。

1~2日経過すると腰痛が軽快し、それに代わって圧迫された神経根の支配領域に放散する下肢痛と

痺れが症状の主体となる。

当院では、早期に背部の筋緊張を取り除き、痛みが落ち着いてから骨の並びを整える治療を行います。

日常生活での姿勢改善・筋力強化を指導いたします。

凍結肩 (五十肩)

2016-08-02

典型的な凍結肩は、炎症期・拘縮期・回復期の3つの時期を経て治癒する。

疼痛で初発し、動作痛のため自動運動が制限される。

それとともに安静時痛、夜間痛も出現し徐々に拘縮が進行してくる(炎症期)。

拘縮期になると拘縮が完成し肩関節の動きはあらゆる方向に制限されるが、

疼痛はむしろ軽快してくる。その後、回復期になると拘縮が徐々にとれて

肩関節の動きが元に戻る。

当院では、早急に炎症を抑え、拘縮期から徐々にROM訓練を中心にリハビリを開始し、

早期回復を行います。

足底筋膜炎

2016-07-14

足底筋膜は、内側縦アーチを静的に支え横足根関節を固定し、ランニング・ジャンプ等の

衝撃吸収と蹴り出しに関与しているが、使い過ぎによって炎症を起こす。

症状は、起立時、階段昇降時、ランニングやジャンプ時での踵部内側の自発痛である。

足底腱膜、特に付着部の踵骨隆起内側突起の圧痛が特徴であり、足趾の背屈を強制すると

痛みが増強する。

当院の施術は、局所のみの治療ではなく、すね・ふくらはぎ・ふとももを共に行い、全ての原因を

取り除きます。ストレッチング・テーピング・手技を合わせて優しい刺激で施術致します。

オスグッドシュラッター病

2015-01-13

脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて、痛がります。時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。

発育期のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴です。

10~15歳の成長期の子供が、跳躍やボールをけるスポーツをし過ぎると発生します。

大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力は、膝蓋骨を経由して膝を伸展させる力として働きます。膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨結節を牽引するために、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。

この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期です。

成長期の一過性の病気で、成長が終了すると、多くは治癒します。この時期はスポーツを控えることが大切です。

上記の症状を強くさせないためには、大腿四頭筋のストレッチングやアイスマッサージなどを行い、痛みが強いときのみ、内服や湿布をします。

明石市大久保町に新しくオープンしました!

2014-05-28
Copyright© 2018 明石市大久保町の大久保整骨院 All Rights Reserved.|ログイン
Top